about me&other links
◎HN めだか(killifish)

◎稼業 大学4年生。卒論中。

◎専攻 政治文化論

◎志望進路 進学

◎ブログリンク
日々のネタブログ
Before I forget(英語版備忘録)

◎出没領域 南関東(特に千葉と東京)

◎持病 PDと膝に・・・

◎海外前歴 イギリス3.5年

◎お世話になってる方のリンク
3度めのQ太郎(Q太朗さんのブログ)
カテゴリ
全体
ヒトリゴト&カンガエゴト(日記)
カウンセリングという名の対話

おくすり
飲食系
これからの未来
マイブーム(゜▽゜)v
おべんきょう
報告
人間関係
◎バスケ部◎
♪音楽♪
以前の記事
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
Яのひとりごと。
うつ日記
hanaうつ療養中の日記
カラダと動きの秘密
青森のムツゴロウ一家・・・?
神経質な怠け者
心療整形外科
myblog@mercu...
うつの夫をもつ妻の日記。
いわなのiwanight
ゆっくり チャレンジ!!
自律神経失調症・パニック...
。゜★゜。once in...
Water Moon E...
鬱病とむきあう日記
心の叫び
うつ(回復だと思う)の気...
ゆっくり歩こう ・・・妻の日記
私の終わりなき旅
えりえりの行き当たりばっ...
Nozomi de Road
しょーこのだらだらかるふ...
お薬奮闘記
borderなわたし
砂時計の憂鬱
mgisle
memorandum


カテゴリ:おべんきょう( 9 )

アドレナリン?!

こんばんわ。
やるときはやる、やらないときはとことんやらない、そんな落差の激しいめだかです。

今日は授業を受けてきました。
そのあとこうして図書館に篭っているわけで、何をしてるってこともないんだけど。
とりあえず、数日前に突然思いついてNYTimesにメンバー登録をしてみました。
そこからイラク・アフガン系のヘッドラインだけ抽出してます。

選挙で、小泉自民党が圧勝したらしいってのを見て、あ~と思います。
なんか、なんなんだか・・・っていうね。
いろんな人がいろんなことを考えて投票に行くわけだけど、今の世界は新保守主義に傾いている気がしてならないのです。
え?意味不明?
あ、気にしないでください。私もあまり頭が整理し切れてないところをなんとかこうして言葉に無理やりしようとしてるだけです。率直な気持ちを。

世界の保守化が吉と出るか凶と出るか・・・。
それは誰にもあずかり知らぬことだけど、その方向を定めたのは国民だってことです。
政治家だって言い訳したそうな感があるっぽいけど、彼ら自身も国民であるし。
さあ、どうなるんだ、21世紀。
[PR]
by killifish78 | 2005-09-13 18:38 | おべんきょう

もぐり授業


今日は登録を迷っていた「日本の宗教と哲学」に出てきました。
内容としては、とても充実してるっぽいし、先生もいい人そうだしって思うんだけど、現実問題今自分がやらないけんことと照合してみると、そこまで手が回るかって言われると「?」って思うんですね。
つまり結論、「登録しません」。

ちなみに、「耳なし方一」を実写ビデオでみました。
怖がりな私にはまったく持って不向きなこの映像。
でも、確かに視覚的にお経が人間を”守る”効果があるってのがわかっていいのかもしれないなとは思います。
でも血を見るのが駄目な人には駄目でしょう。
般若信教のテープも聞きました。

英語開講なので、留学生が結構いるのですが、彼らはどう思ったんだろう・・・。読経やら、方一やら・・・。

まあ、でも、せっかく課題文貰ったので、趣味の範囲で今週分は読んでみようかなぁとは思います。

[PR]
by killifish78 | 2005-09-09 18:31 | おべんきょう

授業開始

昨日の履修登録を経て、授業が始まりましたー。
そして、受験に必要な証明書もゲット。
これで、お金を振り込んでもらって、受験できる、はず!
そしたら進路決まるよね!?
そんなこと、考えてます。

今日から毎週火曜と木曜に「談話と社会」という授業と、「東洋美術史概論」という授業をとります。
まあ、今学期で実質学校で授業とるのはラストにしたいから、2個一気にとったってのはあるんだけど。
どうなることやら、両方英語だし。
あと、週2回なのは(適度に脳を腐らせなくて)いいけど、1回の授業が普通のコマ70分のところ、35分延長で105分、つまり1.5コマ分やるのがなぁ。
早く休みボケから抜けねば、といいつつ、結構ちまちま学校行ったり、進路でごたごたでそうボケた感はないはずなんだけど。
とりあえず、今日の東洋美術史概論の土器の話は面白かった。

これから、部活の後輩の代理で、学生連盟本部の事務所に出張します。
久しぶりだー。第一線から実質退いてから、一歩もあの場に立ち入ってないので。

[PR]
by killifish78 | 2005-09-08 16:21 | おべんきょう

集団における精神保健

ふむふむ、まだまださわりしか知りませんけど・・・

どうやら、集団を「いい状態」にキープするには、やはり、フラストレーションをいかにコントロールして、どっかの哲学者が言ってたように、「幸福の最大公約数(だったっけ?要は、できるだけ多くの人に満足が行くステディな状態を模索することが言いたいんだと思います)」を追求すること。

そうだねぇ。

これが維持されず、フラストレーションが発生するのも、それは年齢を問わず、集団において心理状態のバランスが崩れた際、ストレスやフラストレーションと言った物に対し、一番「弱い」人に不安定な状態がしわ寄せとなって押し寄せてくる。

通常、問題行動となり、学校や組織の中での苛め、家庭内暴力などの形をとることが多い。

ふむふむ。
とりあえず、ここから私が思ったことですが、↑のような原理で苛めや非行や、家庭内暴力が発生するのは理解できるにせよ、これで隠れ蓑的正当化の根拠に使用してはならないんだと思います。難しい事は、まだまだ勉強不足だけど、とりあえず21年間(もうちょっとで22年!?)生きてきて、問題行動を庇護したり、弁護するってのはいかんてことは分かります。
弁護したり、そこで正当化したら、根本的解決にはならないもん。
そう思うのです。

たしかに、集団行動に影響を与えている当事者、及びkey personがいて、さらに色々な「状況」が絡んでるから、一概にどうだこうだとはいえないけど、連鎖を止めるためには、多角的見地が必要なんだと思います。

もっとHard面も、Soft面も日本社会に根付かせないとだめなんだろうなぁ。
[PR]
by killifish78 | 2005-07-01 16:20 | おべんきょう

卒論

先生と話してきました。
あんましまとまりのない、とりとめもないトピックだったけど、新鮮みたいで、先生も結構興味を持ってくれました。
中々どうやって進めたらいいかわからなかったけど、ちょっとずつ、前に進めそうです。
手始めには数的データから。

国内の政治・行政で、教会が占めている位置づけとは?
共通点、相違点、色々あるけど、ムスリム国家から1カ国と、キリスト教国家から1カ国。
見つかるかな・・・。
見つけます!

決めたのだ。
タフになるための第一歩。

できるだけ、前向きになれそうな言葉でブログを書くって。
どんな内容であっても。少なくても、次につながる建設的私見を述べられるように。

ネガティブも吐き出すけど、1個出したら、2個ポジティブになるようにがんばる!

・・・今一気合が入らないな。暑いから?
[PR]
by killifish78 | 2005-06-27 15:16 | おべんきょう

セルフヘルプ・グループ

私の母は、点訳のボランティアをしています。
今は絵本の点訳をしていて、そろそろ製本の締めきりが近いんだとかで、点訳でわからないところがあるので、ちょっとうちの隣のY市にあるボランティアセンターにお邪魔してきました。

母がいつも通っている部屋には入りませんでしたが、1階のロビーで待っていて、色々な広告やチラシがおいてありました。
福祉の現場の一つを一瞬だけど見てきて率直な感想。

精神保健に関するイベント、ボランティア、集まりなどはまだまだ少ないな~。

ちなみに、私は昼過ぎに訪問したのですが、どうやら今日の午前中に精神保健にまつわる勉強会があったみたいです。
でもあとの福祉の話題は、ほとんどが高齢者のものばかり。
まだまだ精神的な障害に対する理解を深める必要があり、働きかけなければならないんだろうなと思いました。

そこでもらってきたチラシには、「セルフヘルプ・グループ」というのがありました。
私も2,3日前まで知らなかったので、まとめてみます。

セルフヘルプ・グループとは...私の言葉で書き換えてしまいますが...

「患者さん(特に統合失調症、アルコールまたは薬物依存症の方)同士の経験、情報を交換して、交流を深めるグループのこと」だそうです。
多分一種の集団療法のことでもあるんだと思います。
自分が「孤立」していないということを確認することができる場だそうです。
家族同士の交流、情報交換を目的としたものもあるんだとか。

精神保健の活動は、少しずつ増えているみたいです。
でももっともっと一般的になることが必要だよなぁ。
[PR]
by killifish78 | 2005-06-25 18:44 | おべんきょう

改めて知る、精神障害のこと

あ、思いっきり卒論のことじゃないですね。すいません。
でも、私にとって「おべんきょう」したことだから、ここのカテゴリーにあててもいいんではないかと思って…。

さて、私にとって、今いちはっきりしていなかった「精神病」と「精神障害」の違いですが…
「図解雑学 心の病気と精神医学」の影山任佐氏によると・・・

精神障害: 精神の「異常」や「偏り」を総称する広い概念。例:統合失調症、躁うつ病、神経症(ノイローゼ)、人格障害、心身症、PTSDなど。

精神病: 一般的に、精神病よりも重度であり(量的な違い)、または幻覚や妄想など「奇妙」な症状を示す(質的な違い)ものを指す。

※精神病は精神障害の一部であるが、精神障害=精神病ではない。


らしい。ほほう~、と思っていた。
あまり「精神病」という表現を耳にしなかったから、自分の中で混同していたので、読んでいて”なるほど”と納得。

基礎の基礎になる知識の大切さを改めて感じた今日でした。
[PR]
by killifish78 | 2005-06-24 15:07 | おべんきょう

現段階で考えたネタ(草稿)

じゃ、紙に書き出した順に並べます。

仮題: (民主政発展途上国家における)信教と政治的無関心-政情不安定な中東VS権威主義の強いラテンアメリカ(など)-

このトピックにしようと思ったきっかけ: 2年生の冬に取った、政治文化論(Political Culture)のクラスのプレゼンでメキシコの政治制度・体勢を調べた時に、本のタイトルを忘れたんですが、「国民が政治に無関心なのは、宗教の存在が国民にとってあるからだ」といった内容が書かれていたこと。この本のこの一文で、それは本当にメキシコ以外の民主政発展途上の国においても同じことがいえるのか?と思ったから。なお、私が調査できた範囲で、メキシコでは1980年代~90年代頃までは一党独裁状態で、汚職がはびこっていたものの、国民はどこにどう投票しても政治は変わらないと感じていて、それで政治に対する関心は薄れたらしい。彼ら国民から言わせると「宗教的には団結してるから、政治体勢が変わっても問題はない」っていう気持ちがあるっていうのも知った。

だとすると: アフガンやイラクなど政情不安定な地域や、軍事政権についてもどう説明ができるんだろうか?前者であれば、特にテロリストはムスリム感情を利用しているというように解釈されているのでは??軍事政権・独裁政権についてはどうか??

使用予定の実例: 1950年以降~を中心に。

仮説+クエスチョン: 未発達の民主化国家において、国民の政治参加が乏しいと考えられる理由の一つに、国家の中にある宗教を信ずる行為と何らかの関りがあることがあげられる。たとえば、軍事政権、一党独裁政権などの場合、国民は互いが、共通の信仰を持っていることで安心し、政治を一部の人間に任せてしまう。その一方で、領土・地域の帰属問題や内紛が多発している政情不安定な国家では、宗教ごとに国民を結束させ、異教徒への敵意を煽るような道具として宗教が扱われている。何れの場合にせよ、国民としてのUniteよりも、信者どうしとしてのまとまりが強いように見られるのはどうしてだろうか?

気になる学者達: Bertrand Russell, Christopher Hill, Samuel Taylor Coleridge, Bernard Lewis, Jeremy Bentham, Thomas Hobbes, Orestes A. Brownson and Samuel Huntington

---------------------------------------------------------------------

さ、次はこれらを英語にしなきゃなりません。ああ、どうしたもんか…いっそのこと先生に日本語のこの記事を見せて、英語でチュートリしたい…
[PR]
by killifish78 | 2005-06-17 22:43 | おべんきょう

専攻・卒論について考える

私の専攻は、政治文化論てやつです。
ほんと、文字通り「政治+文化」ってことなんですけど…
興味を持ったきっかけは、何だったっけな~?

そう、それこそ、そのものずばり、2年の冬にとった「政治文化論」の授業にあるんだった。
プレゼン大変だったけど、私はその時メキシコの政治体勢について勉強して、プレゼンしたんだよね。

その時わかった、ある事実。

メキシコって、いわば「途上国」で、一応民主主義なんだけど、先進国の政治とはまた違う。
去年の冬にとってたT大教授のO先生は、ラテンアメリカの政治が専門で、彼の言葉を借りると、メキシコや他のラテンアメリカ諸国の民主制はあえて言うと、「権威主義」らしい。

で、権威主義なメキシコの政治を調べていくうちに、国民にとって、別の拠り所があるからなんだってことを知りました。その拠り所が「宗教」らしいのです。ちなみに、メキシコは敬虔なカトリックキリスト教徒です。
つまり、どの本で読んだかをすっかり忘れてしまったのですが、「宗教という拠り所があるからこそ、国民は政治的に無関心になるんだ」ということだったのです。

そう、そしてどうして?どうして?と思ったんだった。

そんな中、アフガンの報復とともに、イラクでフセイン打倒が始まって、私は混乱したのかもしれない。
やっぱ対テロ戦争かな?イスラム教が政治に与える影響、みたいな。

それから、ある本にであって、「カシミール」もやりたいって思った。

迷う。

どうしたもんだろう…
もっともっと考えて、調べを進めねばなりませんね。
[PR]
by killifish78 | 2005-06-17 12:32 | おべんきょう




日々思うことを書きます。ダークなことが多いかも。でも、前に進むために、一歩立ち止まることも必要だから。PDと共存するってこんなことなんだと思っていただければいいかな、と。
by killifish78
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
animesex.om ..
by counterstr at 09:28
animesex.om ..
by counterstr at 09:28
animesex.om ..
by counterstr at 09:28
animesex.om ..
by counterstr at 09:27
animesex.om ..
by counterstr at 09:27
womansday. m..
by counterstr at 14:54
massage tabl..
by counterstr at 02:40
womens golf ..
by counterstr at 16:13
small waist ..
by counterstr at 05:50
Good day! Me..
by first premier at 20:44
最新のトラックバック
devil running
from devil running
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
hard coat
from hard coat
lesean mccoy..
from lesean mccoy v..
park hotel s..
from park hotel sie..
acid techno
from acid techno
easton maryl..
from easton marylan..
lightening v..
from lightening vid..
cool quote t..
from cool quote teen
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧